屋根の瓦

トップページ > 屋根の瓦

屋根の瓦

セメント瓦やカラーベストの場合は、5年程度で塗り替えが必要になります。当社では、一度施工すれば塗り替えの必要のない「釉薬瓦」に葺き替えをされることをお勧めしています。

金額

足場、瓦下地修理、アスファルトルーフィング、木部塗装、板金工事、三州釉薬瓦葺き替えで、約200万円

施工の流れ

Step1. 現場調査

まず現場調査を行います。
屋根の劣化状態を見極めて、もっとも適した修繕方法を選びます。

↓

Step2. プラン作成・見積もり

相談風景現場調査の結果を踏まえ、お見積もりいたします。
この際、お見積書の項目のひとつひとつについて、丁寧にご説明差し上げております。
疑問点がありましたら、どんなことでもご質問ください。

↓

Step3. 契約

お見積もりと施工内容に、十分にご納得していただけましたら、次にご契約に移ります。

↓

Step4. 近隣へのごあいさつ

施工は数日に及ぶこともあります。施工中、近隣の方に不安感を持たずに生活していただくために、施工開始の2、3日前までにごあいさつに伺います。

↓

Step5. 足場の組み立て

足場組立職人が屋根に昇り降りするための、足場を組み立てます。

↓

Step6. 養生

養生施工中に、屋内や近隣のお宅へ、埃、屑などが飛散しないように、足場をシートで覆います。

↓

Step7. 仮設トイレ設置

仮設トイレ設置施工中、職人がお宅のトイレをお借りすることのないよう、仮設トイレを設置して職人はこれを使用します。

↓

Step8. 残存瓦の撤去

残存瓦の撤去古い瓦を撤去し、瓦の下地の状態を確認します。

↓

Step9. 樋(とい)、板金撤去

雨樋や屋根に使用している板金などが、劣化している場合には、撤去作業を行います。
この作業を行うかどうかは、現地調査を踏まえた上で、お客様とご相談して決定いたします。

↓

Step10. 木部塗装

劣化がひどく、お客様のご要望があった場合のみ、木部の塗装を行います。

↓

Step11. 板金工事

屋根の板金部分を修復、または交換します。

↓

Step12. 瓦工事

瓦の修復、または交換を行います。

↓

Step13. 樋工事

劣化がひどく、お客様のご要望があった場合のみ、樋の交換を行います。

↓

Step14. 足場撤去

施工の終了後、足場を撤去します。

↓

Step15. 清掃

施工完了後、清掃を行います。
当社では、施工を行う前より、帰った後の方がきれいになるように、心がけています。

↓

Step16. 完了・引き渡し

完了すべての工程が完了後、お引き渡しとなります。


ご相談承ります

まずはお電話、もしくはお問い合わせフォームにてご連絡ください
問い合わせフォームよりご連絡を受けた場合、翌日までに担当者からご連絡差し上げます。

お悩み・こだわりをお聞かせ下さい
バリアフリーにしたい。オール電化にしたい。天然素材のリフォームをしたい。家族がみんな集まって団欒できるような家にしたい。など、お客様のこだわりやお悩みに合わせて、プロの知恵と技をご提供します。餅は餅屋です。
家についてのことなら、どんなことでも、お気軽にご相談ください。

担当者が変わることなく、責任もって担当いたします
途中で担当者が変わると、意思疎通が不十分で、イメージと違う出来上がりになってしまうこともあります。当社では、最初にお伺いしてお話しを聞いた人間が、責任をもって最後まで担当いたします。

担当者は、どんな質問にも対応できます
担当者は(営業、見積り、設計、現場管理)すべての工程に関わっています。ですから、どんなことでも、打ち合わせの時点で説明ができます。ご遠慮なく、なんでもご相談ください。

ページトップへ▲

お気軽にお問い合わせください TEL 086-474-4222

メールでのお問い合わせはこちら